切手買取情報ネットワーク

切手買取の三つの買取方法

前項では切手買取での3つの方法をご紹介しましたが、あくまで買取に至るまでの方法が異なるだけで、切手を査定し、買取金額を算出してもらうという切手買取の根本的な流れは変わりません。


切手の査定は買取業者内の査定員によって行われ、査定員一人で買取金額を算出してくれる場合もあれば、本社と連携を取りながら買取を進めてくれる場合もあります。どの買取方法を選んでも、査定後の金額を聞いて納得できないならばキャンセルすることも可能です。切手を買取依頼したからといって、必ず切手を売らなければいけないということはありませんので、安心してください。また、3つの買取方法はある項目で2パターンの流れに分けることが出来ます。それは「査定を目の前で見ることか出来るか否か」です。


出張買取と店頭買取では査定の光景を目の前で見ることが出来ますので、ある程度切手相場の知識がある方であれば、査定のときに買取金額を交渉することも可能です。ですが切手の量によっては一旦業者側で預かって、後日買取金額の連絡ということもありますので、問い合わせの際に確認しておくと良いでしょう。宅配買取では基本的に査定後の連絡にて初めて買取金額が分かりますので、直接の買取金額の交渉は難しいかも知れません。


ですが顔を合わせずに気軽に切手買取を行うことが出来ますので、人によって長所にも短所にもなりますね。今ではメールやラインを利用して切手買取業者に問い合わせると、事前にある程度の買取金額を教えてもらうことも可能です。買取依頼する前に質問しておくとスムーズですし、買取金額を切手買取業者数社に訊ねておき、一番高い買取価格を伝えてくれた切手買取業者へと依頼することで、切手を高く売れる可能性が上がります。そのため、通常の切手買取の流れに入る前に、切手の種類と買取金額の質問を挟んでおくのがオススメです。


個人的には楽に行える出張買取がオススメではありますが、買取の流れは基本的にどの方法でも変わりませんので、好みに応じて選んでOKです。