切手買取情報ネットワーク

結局切手買取はお得なの?

これまで5項目に渡って切手買取について述べてきましたが、本当に大切で、かつ伝えるべきことは「切手買取を利用して、得なのか損なのか」です。今回はこの点について個人的な考えを述べていきます。


結論から先に申し上げると、切手買取は非常にお得な方法だと思っています。切手買取業者を利用するうえで出張費や査定費用、切手を業者へ送る際の送料なども一切かかりませんので、こちら側が金額面で損をすることは皆無です。さらに処分する予定であった切手をお金に代えることが出来ます。不要な切手はそのまま処分してしまえば0円ですが、処分すると「その切手の価値自体も処分してしまうことになる」ので、金銭面での損失は出ませんが、トータルで見ればかなり損をしてしまいます。


捨てた切手に高い価値があると後で知った場合、手元に戻すことは困難です。そのため、切手に価値があるかないかの判断も兼ねて、まずは切手買取業者の利用をおすすめします。そもそも切手は有価証券のようなものであり、お金に相当するものでもあります。額面分の価値はどの切手にも必ずありますので、例えば金券ショップでも換金が可能なのです。ですが、切手買取業者がつけてくれる切手の買取価格は、業者によって差があります。同じ切手であってもA社よりB社の方が高く買取ってくれた、なんてこともありますので、切手買取を行ううえで、業者選びは慎重に行った方が良いでしょう。


今ではインターネットで切手買取に関する多くの口コミを見ることが出来るので良いですね。切手買取において損をしてしまうことはそうそうありませんが、例え話ですが昔着物の買取で「押し買い」というのが流行りました。これは着物の買取を口実に家まで着た査定員が強引に他の品まで買取っていってしまうといった内容で、今では厳しく取り締まられています。今の買取業者はクーリングオフの適応や会社情報などの明記などかなりクリーンになっていますので、よほど下手な切手買取業者を選ばない限り損をすることもありません。